職員ブログ

HOME ≫ 職員ブログ

2012

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2013

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2014

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2015

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2016

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2017

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2018

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2019

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2020

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2020-07-31

レクレーションで生き生き

今年5月より蓬莱の杜のレクレーション担当として勤務している沼倉と申します。蓬莱の杜には平成28年4月に入職し、今年4月まではデイサービスセンターの生活相談員兼務介護職員として勤務しておりました。
現在、月曜日から金曜日まで毎日、各フロアでレクレーション、長生き体操、口腔体操を実践しています。
利用者様が大好きなカラオケについては、移動式のカラオケ機器を使用し、インターネットに接続することで数万曲の歌を提供することができます。ほとんど全てのリクエストに対応することが可能です。また、ゲームやクイズを使った遊びや手指先使った遊びをする事で脳が活性化します。蓬莱の杜では心を和ませ、心を通い合わせるレクレーション心掛けています。一人ひとりとのコミュニュケ―ションやグループで協力して楽しむことで、体を動かす、頭を使う、口を動かす、触れ合う事を意識して行っています。一例をあげると、車椅子生活で表情が乏しかった方が70年前の昔懐かしい曲を聴き表情に笑顔が出て来ています。音楽の力は偉大です。初めてまだ3ヶ月ですが効果が現れて来ており、コミュニュケ―ションの増加により生活の質が向上しますので今後が楽しみです。