TOPICS

HOME ≫ TOPICS

2018-02-13

平成29年度 共同募金助成事業により、軽費老人ホーム ニュー鹿島の貯湯タンクの更新を行いました

ニュー鹿島の貯湯タンクが老朽化により更新を迫られていましたが、この度、茨城県共同募金会の助成事業により更新することができました。これにより入居者のみなさまへ毎日快適なお風呂を提供できるようになりました。また、職員もお湯のトラブルがなくなり、大変助かっております。共同募金に寄付を頂いたみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

2017-10-18

平成29年度定款を公開しました。

平成29年度定款はこちらからご覧ください。

2017-10-05

すはま会 職員募集リーフレット作成いたしました

只今 すはま会ではいっしょに働いてくださるスタッフを募集しております。
職員募集リーフレットを作成いたしましたのでこちらをご覧ください。

介護職、看護職、栄養職、相談職、介護支援専門員等幅広く募集しておりますので、興味のある方は人財室(0299-82-9080 担当 兼子)まで連絡をお願いします。
職員募集リーフレットはこちらからご覧ください。

2017-08-01

平成28年度現況報告書を公開いたしました。

平成28年度現況報告書はこちらからご覧ください。

2017-08-01

平成28年度会計情報を公開いたしました。

平成28年度 貸借対照表はこちらからご覧ください。
事業活動計算書はこちらからご覧ください。
資金収支計算書はこちらからご覧ください。
財産目録はこちらからご覧ください。

2017-07-13

すはま会次世代育成行動計画を掲載しました。

すはま会 行動計画

社員の働き方を見直し、特に女性社員の継続就業者が増えるよう、妊娠・出産・復職時における支援に取り組むため、次のように行動計画を策定する。

1,計画期間 平成29年4月1日~平成30年3月31日までの1年間

2,内容
目標1:妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して社員に配布し、制度の周知をはかる。
<対策>
●平成29年5月~ 社員の具体的なニーズ調査、母性健康管理についての情報収集
●平成29年10月~ 制度に関するパンフレットを作成し社員へ配布

目標2:妊娠中や産休・育休中の面談で女性社員が心配事について相談できる機会を設け周知する。
<対策>
●平成29年5月~ 相談対応について検討
●平成29年8月~ 相談対応の研修
●平成29年10月~ 面談中の相談対応の設置について社員への周知

目標3:平成30年3月末までに、利用者に関する突発対応以外の時間外労働をなくす。
<対策>
●平成29年4月~ 現状把握のためのアンケート実施
●平成29年5月~ 所定外労働の原因の分析等を行う。
●平成29年7月~ 主要業務について標準時間を定め、原則時間外が発生しない職場モデルをつくる。
●平成29年12月~ マニュアルに定めた業務標準時間を理解し、業務の工夫を行う。

2017-03-13

蓬莱の杜(ほうらいのもり)にて尿吸引ロボ「ヒューマニー」を導入しました。

ヒューマニーは、パッドに内蔵されたセンサーが尿を検知し、尿を自動で吸引します。お肌が濡れないので、夜間のおむつ交換がなくなるだけでなく、頻尿の方もトイレをきにせず朝まで熟睡できます。

(ヒューマニーのメリット)
1,夜間ぐっすり眠れる。
お肌が濡れないので、ぐっすりと眠ることができます。おむつ交換も不要なので、おひとりでも安心です。

2,肌トラブルが減る!
おむつゴミの保管場所の確保が容易になり、また廃棄時の手間も軽減します。

3,おむつの量を大幅に削減!
おむつゴミの保管場所の確保が容易になり、また廃棄時の手間も軽減します。
利用者のメリットだけでなく、おむつ交換の回数が減ることにより、職員の業務の軽減にも役にたっています。
蓬莱の杜にて、平成29年2月に導入しました。

バックナンバー